会員規約

クライミングジム・TRAIL ROCKのご利用上の注意

■安全に心地よくご利用いただくために■

 当店は会員制クライミングスポーツクラブです。しかし クライミングは危険を伴う運動であり、施設内でも事故の危険があります。各自の責任において充分注意して 行うようにして下さい。

クライミング未経験者のご利用は、体験クライミングを受講していただくか、クライミング経験者に同伴してもらい施設利用方法を教えてもらうことでご利用いただけます。

スタッフの指示に従って下さい。指示に従っていただけない場合はご退場願う場合があります。 

未就学児(園児)のご利用は必ず親子同伴でお子様の安全を守ってください。

また小学生低学年のジムの使用にあたっては、なるべく保護者同伴にてお願いいたします。お子様から目を離さないで、他のクライマーにぶつからないようにご注意願います。躾のできていないお子様には保護者同伴を求める場合もあります。当店は遊技場や子供の遊び場ではございません。会員制クライミングスポーツクラブです。ルールやマナーをしっかり認識いただいて質の高いクラブ会員を目指していますのでご理解いただいた上でご利用をお願いいたします。 

ゴミはお持ち帰りください。

ホールドは破損、回転することがあります。ホールドの緩みや異常に気が付いた際にはスタッフまでお知らせ下さい。 ホールドが破損した場合割れて落下する可能性があります。

シャワー室は会員様のみ無料でご利用いただけます。(有効期限が切れた未更新のお客様はご利用いただけません)

体調の悪い方、酒気おびの方はクライミングをお控え下さい。 


■ロープを使ったクライミング■

リードクライミング未経験の方は正しく指導できる経験者に教えてもらうか、当ジムの講習会(有料)を受講して下さい。トップロープクライミングに不安のある方は無料で講習いたしますので、スタッフまでお知らせ下さい。 リードクライミングは、ボルダリングと比べ高さがあるため軽微なミスでも、死亡事故や高度の障害を含む重大な事故につながる可能性が大きくあります。

フリーソロ(トップロープ、リードクライミング壁でのロープ未使用のクライミング)は禁止です。 
プロテクションの間引きはしないで下さい。 
カラビナは角度によっては簡単に破断します。 クリップの時や、ぶら下がる際は充分気をつけて下さい。 
ハンガーの穴やカラビナに指をかけないで下さい。 場合によっては指を切断する恐れ があります。 
髪の長い方は束ねて下さい。ロープに巻き込む危険 があります。 

ロープと壁の間に足や手が入らないようにしてください。フォールした時に手や足がロープに絡まり、頭から落ちるばかりでなくロープの摩擦による擦過傷を負うおそれがあります。

リードクライミングエリアでは常に頭上に注意してください。クライマーのフォールばかりでなく、クライマーのギア類などが落下する可能性やホールドの破損等の落下物に気を付けてください。
ビレイ器はメーカーの説明書に従って正しく使用してくいださい。ビレイを行う際は常に止める側の手をロープから離さないようにしてください。当ジムではビレイ器はBlackDiamond社製のATCようにチューブ型のものを推奨します。ビレイに不安のある方は当ジムの講習会(有料)を受講して下さい。

混雑時に長時間ハングドッグをしないで下さい。 


■ボルダリング■

登る者同士がぶつからないようにしっかり間隔・距離をとって譲り合って登って下さい。(3m~5m以上) 下で待つ人は、飛び降りる人の邪魔にならない位置に立って下さい。 

っている人以外はマット内に立ち入らないで下さい。もちろんマットの上に座り込んだり、場所を独占しないようにしてください。 
腰に付けているキーホルダーやハーネスのATCなどははずして下さい。腰から落ちると 骨折の危険 があります。指輪やネックレス、ピアスも落下して破損する恐れがありますので外してください。 キズがついては困る高価な装飾品や登りの妨げになるもの(指輪や時計)は外してご利用ください。
マットを過信しないで、体勢を確保してから飛び降りて下さい。 落ちた時の体勢の取り方を一つ間違えればケガ(特に足首の捻挫、肘肩の脱臼、骨折など)をする場合があります。またマットと壁の間には隙間がありそこに墜落した場合やマットを飛び越えるような墜落をした場合、衝撃吸収のマットがないためケガをします。このように完全に安全確保ができているということではないことを認識してご利用ください。危険だと思ったら飛び降りずにクライムダウン して下さい。 自分の飛び降りる可能性のある場所に人がいる場合は、声をかけて移動してもらって下さい。

滑り止めにはチョークボールや液体チョークをご使用ください。 粉(パウダー)チョークを直接チョークバックに入れて使用すると必要以上に粉が舞い散り空調環境が悪くなります。

■喫煙場所■

ジム内は禁煙ですので、駐車場での喫煙エリアでお願いします。

■飲食について■

 会員様がご利用いただける冷蔵庫と電子レンジご用意いたしました。冷蔵庫にボトルを入れる時は会員番号とお名前をご記入ください。またボトルを冷蔵庫に置きっ放しにされますと、処分いたしますので退出時はお忘れのないようにご注意願います。

ジム内の飲食は自由ですが、ボルダリングマットの上での飲食はご遠慮ください。

■駐車場■

ジム前の駐車場は約10台ほど駐車できます。ジム前駐車場が一杯のときは第二駐車場へお止めください(約10台駐車可能)。東へ150m移動し国道288号の手前です。→地図参照

駐車場内での事故やトラブルは一切責任を負いかねます。

■その他■

上半身裸でのクライミングは自重願います。
素足でのクライミングはやめてください。クライミングシューズをお履きください。

爪が伸びすぎた状態で登ると危険です。受付に爪切りがありますのでお声掛けください。
更衣室にはクライミングシューズを脱いで入ってください。

SHOPをご利用の際には、チョークのついた手や服装で商品には触れないでください。

自分の持ち物や貴重品は自己管理してください。紛失・盗難などの責任は一切負いかねます。

■フリーパス購入の方の延期制度■

1カ月・6カ月・1年フリーパスを購入された方で、ケガ・入院・出張・帰省・旅行・冠婚葬祭でやむなくジムに来れなくなった場合は、休暇届による延長制度がありますのでご活用ください。受付にフリーパス休暇届がありますので記入し提出してください。ただし、1カ月FPで3カ月以上の休暇、6カ月FPで6カ月以上の休暇、1年FPで1年以上の休暇はできませんのでご留意ください。また、いかなる理由でも返金にはお答えできませんのでご了承ください。

■会員証の有効期限と更新■

入会登録後の会員証の有効期限は年度末(3月31日)の年会費制です。新年度の4月1日以降ご来店時に年会費更新及び会員証更新となります。あるいはオンライン手続きによる年会費更新及び会員証更新もできます(¥300お得です)。

また会員証の紛失の際は有効期限内なら無料で再発行できますので受付スタッフにお申し付けください。

TRAIL ROCKにご入会された方は上記のご利用上の注意に同意し入会されたものとしますのでご理解ください。